Maintenance メンテナンス

オイル塗装で仕上げた家具のメンテナンス

日頃のお手入れ

日頃のお手入れは、から拭き、水拭きで結構ですが、1~2ヶ月に一度、ラッペンワックスで定期的にお手入れして下さい。汚れ・シミの予防になり自然なツヤも長持ちします。

更に、テーブルの天板などは年に一回位の割合でクリアーオイルを再塗装して下さい。(*その他参照

  • ワックス(ラッペン)でのお手入れ方法

    表面の埃を取り除いてワックスをウエスに付け、そのまま塗り込んで下さい。(塗り過ぎにご注意下さい)

    塗布直後に水滴などが付きますと化学反応により白化現象が起きることがありますので、3~4時間は物を置かないで下さい。

  • クリアーオイルのお手入れ方法

    1. 表面の埃等を取り除きます。
    2. #400~#600位の目の細かいサンドペーパーで目に沿って磨きます。
    3. グロスクリアーオイルをウエスに含んで塗ります。
    4. 乾いたウエスで素早く拭き取ります。(拭き取りがあまいと塗料の渇きが悪く、ムラが出てしまいます。)
    5. 8時間以上乾燥させて下さい。
    6. ザラつきが気になる様でしたら、#600のサンドペーパーで目に沿って軽く磨いて下さい。

※使用したウエスをそのまま放置しておくと自然発火の恐れがあります。

水に浸して、乾かしてから処分して下さい。

小さなキズ、マジックなどの汚れ

  • キズをサンドペーパー(#180~#240)でなめらかな表面にします。

    その後、最初と同じクリアーオイルをウエスに少量付け、すり込むように塗装して下さい。

    最初は補修した場所の色が違って見えることがありますが、時間の経過(木材の経年変化)とともに馴染んできます。

  • マジック等汚れが付いた場合、ワックスをスチールタワシ(なるべく目の細かいもの)に付けてそのまま木目の方向に沿って磨いて下さい。汚れが取れたら、乾いたウエスで拭き取って下さい。

    最初は補修した場所に色合いが違って見えることがありますが、時間の経過(木材の経年変化)とともに馴染んできます。

その他

テーブルの天板など、熱いものを置く可能性のあるところは、ワックス系よりもクリアーオイルのお手入れがおすすめです。

オイルは2~3年経つと少しずつ抜けてきます。日光がよく当たる所は、より早く抜けてきます。1~2ヶ月に一度程度、ワックスで表面を保護するとツヤが長持ちしますが、更に年に一度程度クリアーオイルを塗ると深みのあるツヤが蘇りますのでおすすめします。(ワックス塗布後すぐにオイルを塗ることは避けて下さい。ワックスの成分が邪魔をしてオイルの浸透を妨げます。)

表面のツヤが落ちてきたり、カサつきが感じられた頃を目安にしてください。

※塗装、メンテナンス等ご不明な点がございましたらメンテナンス方法をご説明させていただいております。

また、出張メンテナンスや商品を工房へ持ち帰っての再塗装などのサービス(有料)も行っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。